「デザートは別腹」を英語でなんて言う?

英会話

日常生活の食事シーンにおいて「デザートは別腹!」が定番フレーズになっている人はいませんか?お腹いっぱいのご飯を食べたのに、ケーキやアイスクリームなら食べられそうな気がする……のは万国共通です!トライズのコンサルタントもデザートは別腹という人は実はたくさんいます!いつも使っている日本語も英語で何というんだろうと考えることが英語力アップのために効果的です。

さて今回は、この「デザートは別腹」を英語ではどう表現すれば良いのか考えてみましょう。

「デザートは別腹」の定番フレーズ

「デザートは別腹」の定番フレーズを紹介します。

まず一つ目の表現です。

  • 「I have room for desserts.」

直訳すると、「私はデザート用の部屋を持っています」となります。ですが、ここでの “room” は不可算名詞で、「部屋」と訳すのではなく、「空間」もしくは「スペース」「余地」という意味です。

この表現はネイティブが会話でよく口にするフレーズで、dessertの箇所にはice creamやcakeなど具体的な食べ物を入れることもできます。

また、主語をthereにした、似たような表現もあります。

  • 「There’s always room for dessert.」

自分のお腹を指しながら、「デザートが入るスペースがあるよ」と言ってみましょう。
トライズのネイティブコーチもこのフレーズを使っているのを思い出しました。男女ともに使えるフレーズですし、英会話レッスンでもスモールトークでデザートの話題があれば使えそうですね。

「デザートは別腹」の色々な表現を紹介

「デザートは別腹」と伝えるには、別の表現もあります。

  • 「I was full, but I can eat dessert.」

「お腹いっぱいだったのに、デザートは食べられた」という意味です。

否定文にするのも一つの手です。

  • 「I can’t eat anymore. But I can eat dessert somehow.」

「もう食べられないと思ったけど、デザートはなぜか食べられる」

上級者にはこんな表現もあります。

  • 「I totally forgot I was full when I saw the sweets.」

「スイーツを見た瞬間、お腹がいっぱいだったのをすっかり忘れてしまった」

美味しそうなデザートがあれば、つい我慢できず食べてしまいますよね。

「I’ll go on a diet from tomorrow.」(ダイエットは明日からするつもり)も合わせて覚えておくと便利です。

普段の会話の中で、上記のようなフレーズが自然に口から出るようになれば、会話が弾みそうですね。

TORAIZ(トライズ)で英語フレーズ力を鍛える

普段使っているような言葉を自然に英語で話せるようになりたい方は、コーチング英会話トライズ(TORAIZ)で、集中的に英語学習に取り組んでみませんか?
効率の良い学習には環境を整えることが大事です。専属の英語コンサルタントがあなたに合った最適な学習方法を提案し、英語力UPのお手伝いをします。

トライズ(TORAIZ)では今回ご紹介したような、実際の英会話で使えるフレーズを学ぶことができるで、興味のある方はぜひ一度、トライズの無料カウンセリングにお越しください。何年も英語学習を続けているのに英語が話せるようにならないというようお悩みなども無料カウンセリングでご相談ください。