前置詞「above」と「over」の違いとは?「above」と「over」を含むイディオムと例文を紹介

英会話

英語の勉強をしていると英文法の中で、前置詞の中には用法や意味が似ていることからどの前置詞を使ったらいいのだろうと使い方に迷った経験はありませんか?

コーチング英会話のトライズを受講して頂いている方も、この前置詞の使い分けに迷われる方はたくさんいらっしゃいます。

例えば、前置詞で「~の上」という意味の「above」「over」がそのひとつではないでしょうか。

今回は、日本人にとって紛らわしい「above」と「over」の違いについて解説するとともに、定番イディオムと例文についても紹介します。

「above」と「over」の違いとは

前置詞の「above」と「over」はともに「~の上」という意味ですが、厳密には違う言葉であり、ネイティブは状況や表現したいニュアンスによって使い分けています

ではさっそく、次の例文を比べてみましょう。

どちらも「飛行機は雲の上を飛んだ」と訳すことができますが、どのような違いがあるのでしょうか?

  • The plane flow over the clouds.
  • The plane flow above the clouds.

Overには「~の上の方に」という意味だけではなく、「弧を描く」「覆う」というニュアンスがあることから、「広いものが何かを覆う」「その上をまたがっている」「移動している」様子を表します。一方、aboveは「基準よりレベルが上」ということを表します。

以上のことを踏まえて例文を訳すと、以下のようになります。

  • The plane flow over the clouds. (飛行機が「雲の上を弧を描いて」飛んでいる)
  • The plane flow above the clouds. (飛行機が「雲を基準としてそれより上を」飛んだ)

「Go To Travel」の文法に違和感?【travel / journey / trip】の違いと頻出フレーズを紹介

2020年8月11日

Overを含むイディオムと例文を紹介

  • 【take over】 ・・・引き継ぐ

I’ll take over from here.(ここからは私が引き受けます)

  • 【talk it over】・・・よく話し合う

Let’s get together and talk it over.(集まってそれを話し合いましょう)

  • 【pull over】・・・脇に寄って停まる

Just pull over there next to my apartment. (私のマンションの近くに止めてください)

  • 【hand over】・・・手渡す、譲る

He handed over control of the company to his son.(彼は息子に会社の管理を譲渡しました)

  • 【run over】・・・(人・動物等を車で)ひく

The truck ran over a dog.(そのトラックが犬をひきました)

  • 【come over】・・・誰かの家に来る

Why don’t you come over for dinner tonight?(今夜夕飯を食べに我が家に来ませんか?)

  • 【go over】・・・よく調べる

The teacher told that you go over your report again.(あなたにレポートをもう一度見直すよう先生は言いました)。

  • 【look over】・・・調べる、見る

Could you look over this email before I send it?(このメールを送る前に、見ていただけますか?)

  • 【get over】・・・回復する

I’ ve finally got over my cold.  (風邪がついに治りました)

aboveを含むイディオムと例文を紹介

  • 【above all】・・・何にもまして

Above all, you should enjoy yourself.(何よりも、あなた自身が楽しまなければなりません)

  • 【over and above】・・・~に加えて、~の他に、~の上に

He gets a travel allowance over and above his existing salary.(彼は既存の給料に加え、旅行手当も得ています)

  • 【above and beyond】・・・~を超えて、予想以上に

His work is above and beyond.(彼の仕事ぶりは期待以上です)

  • 【above board】・・・隠し立てのない、公明正大に

 Any sport must be played in an above board manner.(どのスポーツも公明正大でなければいけません)

まとめ

いかがでしたでしょうか?いきなりすべての前置詞を完璧に使いこなすことはもちろん難しいですが、まずは違いを理解すると徐々に自然に英会話の場面やレッスンで使う事ができます。

文法を理解することは大事ですが、トライズでは文法を気にしすぎて話せないという事がないように間違っていても積極的にコミュニケーションをとることを勧めています。

コミュニケーションをとる中で、トライズでは専属のネイティブコーチに使い方を正してもらったりコンサルタントから教えてもらったりしながら悩んで止まることなく英語学習を進めることができます。

トライズは、毎日の学習時間や進捗状況を専任コンサルタントが徹底的に管理・サポートしてくれるコーチング式の英語スクールです。トライズで”本物の英語力”を身に付けたいなら、まずはお気軽に、無料カウンセリングにお越しください。トライズ公式サイトより無料カウンセリングをお申し込みいただけます。