試行錯誤末に英語力を習得した方法!【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.5-2】

Cathedral of Christ the Saviour, Moscow
トライズ

今回は、トライズ(TORAIZ)のコンサルタントに英語学習についてお話しいただきました。

はじめに

こんにちは。トライズ新宿西口センター、英語コンサルタントのS・Hです。

今日はわたしが英語力を身につけるために実践したことを順を追ってご紹介します。

少々長くなりますが、よかったらぜひ読んでください。

英語を話す環境を自ら作る

3歳から通っていた英会話スクールで英語の楽しさを覚えました。小学生まででそのスクールを辞めて、中学生になってからの英語は教科の一つとして学習。

英語は好きだったので「英語を話せるようになりたいな」という思いを持っていました。

再び会話の勉強をし始めたのは高校3年生のとき。

指定校推薦で大学を決めたわたしは、卒業までの約3ヶ月の間で好きだった英会話をもう一度始めようと、溜めていたお年玉をはたいて英会話スクール集中的に通うことにしました。中学高校で勉強したことを口に出してみる練習はとても楽しく、短い期間ではありましたが、自分なりに変化を感じることができました。

進学したのは英語系の大学だったので、単語や文法などのインプットは授業でまかない、それ以外はアルク出版のヒアリングマラソンを通学の時に必ず聞いていました。

アウトプットとしてやったことは、英語に関するサークルに入って英語を話すこと。

それから、昼休みには外国人の先生がボランティアでやっている聖書についてのワークショップにも通いました。実は聖書に興味があったわけではなく…。授業以外でネイティブの先生と話ができるなんてこんなラッキーなことはない!と思って通っていました。3、4人くらいしか参加者もいなかったので、英語を使う機会としては最適だったのです。

自分なりに工夫して英語を使う環境を探し、どんどん英語を使うように心がけていました。

大学卒業後は一般企業に就職。海外出張を経験し「もっと英語を話せたら」という思いが強くなり、退職してカナダへ7ヶ月間留学しました。

留学はインターンシップからスタート

最初の3ヶ月はホテルでインターンシップを経験。日本でいろんな勉強はしてきたつもりでしたし、面接も合格していましたが、ホテルでの英語は特に聴き取れないことが多くて圧倒されました

英語力をアップさせるため、現地でやったことは3つ。

1, マンツーマンレッスン

まず1つは、留学エージェンシーの紹介で、格安でマンツーマンレッスンをしてくれる人を紹介してもらい、レッスンを受けました。

2, ノートに英語をメモる

次に、とにかく聞こえるものを覚えているうちにノートに書き取りました。

それをレッスンの時に持参して意味を確認したり、使い方を教えてもらい、丸暗記。次に自分がフロントに立った時に使えるようにしました。

3, オンラインレッスン

最後は、リスニング。オンラインレッスンを使って音の繋がりを勉強しました。

わたしは留学前からオンラインのマンツーマンレッスンを受講していたのですが、それを留学中も続けていたのです。その先生に聞こえなかったものを分析してもらい、単語同士の繋がった音を理解していくと、本当に聞こえるようになってきました

インターンシップを終えたあとは、自分のメンタルが強くなったことを実感しました。

ちょっとのことでは物怖じしないようになって、間違ったら次に取り返せばいい、と思えるようになりました。その後の1ヶ月はTESLを取得するために語学学校に通い、残りの3ヶ月は転校して英語を学びました。

それと同時にオンラインで発音の訓練をすることに。理由としては、7ヶ月の留学で何らかの成果をつかんで帰りたかった私は、残りの3ヶ月で会話力をものすごく上げるのは難しいかもしれないけど、発音だったらいいところまでいけるかもしれない、と思ったからです。

オンラインレッスンで発音を特訓してもらい、学校やホームステイ先でそれを試していました。

帰国後に就職することになった英会話スクールでは、受講生さんから「発音がきれいだからまたレッスンを受けたい」と言ってもらえることも多く、自分なりの成果を上げることができたかなと思っています。やはり勉強には自分なりに何かゴールを設定することが大事なんだな、と改めて感じました。トライズでもまず一人ひとりのゴールを設定して、トライズのコンサルタントと学習をスタートします。

英語力を保つためにやっていること

今でも朝起きたら必ず英語を聴いています。聞いているものはその時々の興味のあるもの。テレビやポッドキャストなどを使っています。

そうすることで英語脳が保たれているような気がして、かれこれもう5年くらい続けている習慣です。実際にリスニング力が上がったので、聞き流しでも5年もやれば成果が出るんだなと思っています。

オンラインで言語交換をしている友人がいるので、1週間に1度はアウトプットの場としてビデオ通話でお喋りしています。1週間で出てきた知らない表現をメモしておいて、その時に教えてもらっています。

私はトライズのコンサルタントですが、ネイティブではありません。そのため英語を使わなければ当然英語力は下がってしまいます。トライズの受講生の方はいろんな事情を抱えながら1年間英語を学んでいただいています。受講生の方が頑張っているにもかかわらずトライズのコンサルタントである私が頑張らないわけにはいきません。そのためトライズで受講生様のサポートをさせていただきながら、私自身も英語を勉強し続けています。受講生様に負けてられません(笑)。

次回は、コーチング英会話スクール「トライズ」でも使用しているオススメの英語教材について詳しく書いていきます。ご期待ください!