料理をしながら英語学習!レシピに良く出てくる基本の英単語を紹介

トライズ 英会話

今回は、英語のレシピをヒントにした英語学習法を紹介します。

料理に関する英単語が理解できるようになれば、外国人とのちょっとした会話にも役立ちますよ。レシピに出てくる基礎的な英単語やフレーズを覚えて、料理の面でも英語の面でも、新しい発見を楽しんでください!

料理に関する基本単語

まずは基本単語から、覚えましょう。

材料 → ingredient

作り方 → method

準備 → preparation

調理時間 → cooking time

トライズ

スマホで簡単!ディクテーションアプリでリスニング力UP!

2020年6月18日

~人分 → serve ~        例「for 1 serving」(1人前)

小さじ → teaspoon (略tsp)    例「2 teaspoons of salt」(塩小さじ2杯)

大さじ → tablespoon(略tbsp)    例「3 tablespoons of sugar」(砂糖大さじ3杯)

ひとつまみの → a pinch of       例「a pinch of oregano」 (ひとつまみのオレガノ)

ひとかけらの → clove of         例「2 cloves of garlic」(ニンニク2かけ)

切り方や調理に関する英単語

材料の切り方や調理方法にも、英語にはさまざまな表現があります。You Tubeなど料理動画を見ながら聞くと、英単語とそれを表す動作がうまく結びつくようになるでしょう。さらに、自分で料理をするときに声に出しながら行うと、その単語がしっかり自分のものになりますよ。

【野菜など材料の切り方に関する英単語】

スライスする → slice

くし切りにする → cut into wedges

みじん切りする → mince

さいの目に切る → dice

(手で)皮をむく → peel 

(刃物で)皮をむく → pare

絞る → squeeze

すりおろす→grate

【調理方法に関する英単語】

油をひく → grease

肉をBBQなど網で焼く → grill

フライパンで焼く、炒める → pan-fry

火が通るまでしっかり焼く → cook through

英語ができるようになるだけで人生は変えられる【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.5-5】

2020年6月11日

茹でる → boil

弱火でコトコト煮る → simmer

ひっくり返す → flip over

(液体状のものを)かき混ぜる → stir

「料理をする」という日常の行為に英語を取り入れると、習慣的に英語に触れることができます。料理に関する英単語やフレーズを覚えておくことは、外国人と日本料理を一緒に作るだけでなく、外国の食文化を教わるときにも役にたつはず。おいしいものを作って食べて、英語も上達できる「英語でクッキング」は一石二鳥ですね!

自然な英語表現を身に付けたい方、英語を使って目標実現を図りたい方は、コーチング英語のトライズで効率的に英語を学びませんか。専属の講師があなたの英語力向上を総合サポートします。

トライズの受講を検討している方の中には、忙しくて1000時間も英語を勉強できないと思われるかも知れません。しかし、1日に計算すると1日3時間となります。トライズを受講された方は、スキマ時間などを有効に活用していただき毎日3時間の英語学習時間を確保することができます。

トライズ 英会話 英会話コーチング

トライズで開催されている英語学習のシェア会とは?【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.2-2】

2020年5月11日

その理由としては、通勤時間やちょっとしたスマホを見ている時間を、トライズのコンサルタントがお伝えする英語学習方法で学習時間に活用してもらうからです。今までトライズを受講した方は4500人にも達しており、それだけの方が英語を話せるようになったという実績があります。

また、モチベーションの維持に関してはトライズの専属コンサルタントがあなたをサポートするので安心してください。英語に苦手意識があってモチベーションが続かないという方もトライズでは、毎日3時間の英語学習を続けていただき英語を話せる様になった方がいます。

興味のある方はぜひ一度トライズの無料カウンセリングに起こしください。